Pocket

夏肌ダメージ
http://lab.girlsmarketing.jp/trend/720/

夏の間は汗で乾燥を感じづらい肌も、この時期はちょっとザラついてお疲れ不調気味、、、ということはありませんか? それは、夏の肌ダメージによる乾燥が進んでいるせい。今のうちにきちんとケアしないと、秋冬には深刻な肌老化につながってしまうかもしれません。

スポンサーリンク




春から夏の間、肌は過酷な状況におかれ、ダメージを蓄積しています。

紫外線ダメージ

日焼け止めを塗る前や、汗で落ちた頃に少しずつ浴びてしまった紫外線の悪影響が蓄積。肌の角層がダメージを受けてバリア層が破壊され、めくれた角層からうるおいが逃げて肌乾燥につながります。

エアコンダメージ

冷房や除湿による室内の乾燥は、冬の外気よりひどい場合も。エアコンでのどの乾燥(イガイガ)を感じることがあるように、肌もダメージを受けています。湿度が20%程度になっているところも多く、オフィスにいる日中、就寝時などエアコンを使う時間が長い人ほど肌乾燥が進行。


汗をかいた後でエアコンの冷風にあたって水分が蒸発し、また汗をかいて水分を飛ばされ、、、と繰り返すことで、どんどん肌のうるおいが奪われて、乾燥が深刻に。


汗のダメージ

汗による水分でふやけて刺激に弱い状態になっている肌をハンカチでこすったり、顔を触る際に力を入れ過ぎたりすることで、角層がはがれるなどのトラブルに。
紫外線ダメージと同じく肌のバリア層が壊れるため、うるおいが逃げて肌乾燥を起こしたり、異物が入りやすくなります。また、肌の上に残る汗の塩分自体が、肌への刺激となってしまうこともあります。

スポンサーリンク



春夏には美白ケアに重点を置く人が多く、つい保湿ケアを後回しにしてしまいがち。シミや日焼け対策はもちろん大切なことですが、冬のように目に見える危機感がないため、保湿ケアには手を抜いてしまった、という方も多いのでは? これも、実は大きな肌乾燥要因なのです。せっかくの美白ケアも、しっかりうるおいを補給していなければ、その効果を十分に発揮できません。



このように、肌にとって夏は過酷な季節。受けたダメージを深刻な肌老化につなげないために最も大切なのは、バリア機能の立て直しを含めた、万全の保湿です。


「夏の肌乾燥」というだけではあまり危機感を持たない方も多いようですが、乾燥は、すべての肌トラブルの始まり。水分がキープできずにカサカサ、スカスカした肌の内側では、次に生まれる肌細胞を育む環境も整いません。そのため肌のキメが乱れ、くすみや毛穴が目立ったり、肌がゴワついてぶ厚くなったり、刺激に弱い敏感肌となってしまうことも。


肌がきちんと新しい細胞を生み出し、美しく健康な肌を育むためには、肌の水分を逃がさずに、異物の侵入を防ぐバリア機能を立て直し、うるおいに満たされた角層に整えることが必要です。


ヒアルロン酸とセラミドで潤いのバリアを

バリア機能の立て直しのため補給したいのが、細胞間脂質として角層のすきまを埋める働きをする、セラミド配合のスキンケア。水分保持力の高いヒアルロン酸や保湿成分のコラーゲンもあわせて使いたい成分です。

またスキンケアの形状としては、角層への浸透性や水分保持力に優れた特性を持つゲルがオススメ。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを配合したゲルで角層のすみずみまでうるおいを与えることで、本格的な乾燥シーズンを迎える前に、肌状態も上向きに!

スポンサーリンク

Pocket