Pocket

乾燥肌対策
http://cutiexcutie.com/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%82%AB…

冷たい外気、室内のエアコン・・・乾燥した空気にさらされることが多い、冬の肌。本格的な冬が到来したこの時期、肌のカサつきを実感される方も多いと思います。

乾燥はカサつきだけでなく、敏感肌を引き起こすことも。この冬に増える敏感肌については、意識していない方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク



この時期、顔よりも分かりやすいのが体の乾燥。腕や脚が粉をふいたように乾燥するという方も多いですが、それと同時に訴えられるのがかゆみ。その原因は、乾燥によって表皮にすきまができ、角層がめくれて刺激物質が肌の内側に入り込みやすくなるから。

つまり乾燥によるバリア機能の低下が、異物を入りやすくしながら内側の水分も逃がしてしまい、肌状態を不安定にするのです。


また、これから迎える春に待ち構えている花粉やPM2.5などの外部からの刺激にさらされやすくなり、さらなる肌トラブルも招きやすくなってしまうのです。


冬は気温が下がり、暖かい空気に比べて抱え込める水分量自体が少なくなるため、乾燥することが知られています。

しかし実は、日々のスキンケア方法にも乾燥を助長する要因が。次のようなことを日々、行っていませんか?


肌荒れを悪化させる、スキンケア

お風呂と同じくらいの温度のお湯で洗顔する

洗顔後にはタオルで強めに拭う

化粧水は強めのパッティングで肌に入れ込む

ゲルやクリームを朝晩マッサージのように指でグリグリ塗りこむ

拭き取り化粧水や拭き取りクレンジングをよく使う

スポンサーリンク



乾燥時期の肌は特に、摩擦や熱に弱くなっています。

うるおいを守る大切な皮脂は温度の高いお湯で溶け出してしまうため、お風呂の温度(約40℃)での洗顔はバリア機能ごと流してしまうようなもの。



よく「洗顔はぬるま湯で」といわれますが、洗顔に適した温度は、体感では水に近いくらいのひんやり感です。

極力、ぬるめのお湯での洗顔を心がけましょう。洗顔後も、タオルでこすって拭き取る動きはせず、そっと水分を吸い取るようにするのがポイントです。

日々のスキンケアでも、つい力が入ってしまいがち。「指先が触れる程度の摩擦でも角層はダメージを受ける」といわれるほど、肌はデリケート。マッサージでの血流アップも大切ですが、ダメージを最小限に抑える一方で、ゲルやクリームは手のひら全体でやさしくなじませるほうが、乾燥対策としては大切です。


ダメージを最小限に抑える一方で、バリア機能の立て直しも大切。そのために補給したいのが、めくれた角層の間を埋めるセラミドや、水分保持力の高いヒアルロン酸、保湿成分コラーゲンです。


とは言え、「保湿のため」と化粧水、美容液、乳液、クリーム・・・など多くのアイテムを重ねることが、負担になることも。香料、着色料などの添加物も避けたほうが無難。必要な成分をたっぷり配合した1アイテムで済むなら、それが肌を守るために効果的です。

スポンサーリンク



Pocket