Pocket

弁護士に依頼
出典https://www.jicobengo.com/out-of-court/negotiation…

弁護士に依頼するときっていうのは、人生に何度かあるかもしれませんよね。

離婚や浮気の慰謝料請求、、。裁判離婚。またはある日突然、法的措置の内容証明郵便が届き、慰謝料請求の内容。

専門家からの請求事ですので、こちらも、嫌でも弁護士を立てないといけない場合がでてくるのですね。


相手の言い分、こちらの言い分がぶつかるわけです。裁判で司法の判断を仰ぐことも辞さない!という気持ちもわいてくるでしょう。

あまりにも相手が、こじつけがましく、理不尽なこともあります。

ですが、相手が弁護士を立てているということは、相手もお金を使っていますし、ある程度の見通しや、勝算を見込んで、やっていることなのです。

スポンサーリンク



対するこちらも、応戦しようとするのですが、弁護士同志による示談交渉というのが、裁判前の良くある事例かもしれません。

もしかして裁判では勝てる内容なのかもしれません。裁判所で相手の言い分を却下してくれるかもしれません。そのような期待も分からないではないのですが、、、。

あなた次第ですね。裁判を戦う勇気があるのか?それとも、 紛争の早期解決の観点から、示談交渉でいくのか?

実際の弁護士費用

それでも「示談交渉」でも弁護士に依頼するのですから、費用が発生します。

まず、着手金です。これは各都道府県の弁護士会で、定めていますが、大体、10万円税別です。



示談交渉により、50万の請求が20万まで下がった場合差し引き30万の何割が成功報酬となります。

結局は、裁判をしないで済むということを考えても、36万ぐらいの出費になる計算です。



なんか弁護士同士で、つじつまを合わせられた感が後々残るのですが、弁護士も商売ですからね。ですがその後のトラブルは弁護士同志で取決めがありますので、皆無な点では安心、安全です。

弁護士無料相談の範囲では済まないのです。

また弁護士の得意、不得意の案件もありますので、どんな弁護士に当たるかは、運もあると思います。

弁護士も全国的に増えています。最近では過払い請求の案件とか、力を入れていますよね?

後、災害の費用の問題で、無料相談を実施しています。でもいわゆる無料の範囲ですので、自治体への相談の仕方を教わるぐらいではないでしょうか?

ポピュラーな案件では、歯科のインプラントの事例です。歯科医院でのインプラントの予後に対して弁護士が力を入れているようです。

歯科医はお金があるので、取り組みやすい、案件かもしれませんね。

法律家は弁護士以外でも、司法書士さんもいますので、いろいろ調べて、無料相談から入るといいです。30分で5千円かかる前の段階で、調べることです。

スポンサーリンク

Pocket