Pocket

秋田ノーザンハピネッツ
出典https://twitter.com/akita_nh

16日の試合で、待ちに待ったコールビー選手が復活してくれました。そのおかげかもしれませんが、チームの安定感が増し、落ち着いてアグレッシブなパフォーマンスを展開してくれました。この雰囲気こそB1にも通用する流れだと実感でき、最初のゲームの入りから最後まで安心してみることが出来ました。

スポンサーリンク

恐らく相手の広島ドラゴンフライズさんは、デフェンスに戸惑ったのではないだろうか?秋田は相手の外国人にパスが回らないようにして、大きな仕事をさせなかったことで大きく流れを引き寄せることに成功できました。



オフェンスでも、インサイドからパスを回して3Pを迷いなくいてていました。それはそうですよね、前回のシュートの成功率で、相当がっかりさせられましたからー。



自信を持って、18本中、12本という確率で3Pを決めたのは素晴らしい。この部分はB1にも有効です。それにやはり、コールビー選手が戻ってきたくれましたし、インサイドでの抜群の存在感があり、チームに安定感をもたらしました。

ですから、今後増々、オフェンスのバリエーションが増えていくこと、間違いありません。コールビー選手は「これから!」というときに試合中に足首にケガをして戦線離脱しましたし、かれも内心、うずうずしていつと思うのです。

そう、「こんなものじゃない」と。

昨季、ペップヘッドコーチのもと、バーレーンプレミアリーグ優勝に貢献した実力はこれから発揮されていきますのでね。

【試合結果】12/16(土)vs 広島ドラゴンフライズ @CNAアリーナ☆あきた(秋田市立体育館)

秋田ノーザンハピネッツは 84 – 68 で勝利

秋田はチームワークもいいし、最強のチームに這い上がれ!!!!

ペップHC試合後コメント
今日は出だしが良かったです。スタートの5人が激しさとアグレッシブさをもって試合に入ってくれたおかげで、そのあとにベンチから入っていく選手たちも同じ勢いであとに続けたと思います。
コールビー選手が復帰し、外国籍選手が3人に戻ったことは大きいです。彼はスタッツに表れないところでの貢献度が高く、常に懸命にプレーしてくれる選手なので精神的な面でチームに安定感が出てくると思います。明日に向けては、自分たちだけではないと思いますが土日を連勝することは難しいので、選手全員が明日の試合までにどれだけ気持ちを切り替えて臨めるかということが大事です。

12月17日の試合結果

76対69で、秋田ノーザンハピネッツの勝利!
第4クオーターまでは一進一退の展開で、広島のミスに助けられたり、秋田の作戦勝ち。フィッツパトリックのミドルシュートも効果的で、最後は小野寺祥太選手のドライブが冴えました。相手はたまらずファールをしてしまいまして、、、、。連続7得点の活躍で閉めました。

広島も、ディフェンスが良く、ロースコアの展開に持ち込みました。何度も逆転しましたが、ここぞという時のシュートの精度が良くなかったです。それで点が伸びずに、逆に秋田へ流れが行きましたね。でも秋田もファールが多くて、課題を残しました。



※左脚負傷からの復帰戦を連勝で飾ったコールビー選手は「痛みはなく、体の調子もいい。あとは試合感覚を取り戻すだけ。見ていて欲しい」と心強い!

※HCは「リバウンドを取って攻撃機会を増やせたことが大きかった。チームで勝ち取った白星と語った。
引用:秋田魁新聞より。

⇒【Bリーグ】秋田、接戦制し堅首 小野寺&フィッツパトリックが第4Qに7点ずつ

ペップHC試合後コメント
今日はタフゲームになるということに対し、チーム全員心構えができていましたし、準備もできていたと思います。広島さんは日本人選手も外国籍選手も経験豊富でスキルもあり、バランスの良いチームです。簡単にはいかない時間帯もありましたが、そういったチームに勝つことができたのは、最後まで選手たちが集中を切らさずにチームとして戦った結果です。またそのようなときに会場のみなさんの応援にも助けられました。

次の山形戦は来週の水曜日なので、まずはそこに向けて準備していきたいです

スポンサーリンク

Pocket